3Dプリンターを取り入れれば作業が効率よく進む

通信費削減のすすめ

ウーマン

通信費で経費削減

IPフォンの導入に悩んでいますか。IPフォンにしたいけれど、社内の通信システムの回路を変更するのは少し面倒に感じて、そのままにしているというケースも多いかと思います。確かにIPネットワークを構築したり、そのために必要な機器を導入しなおしたりしなければいけません。しかし、IPフォンを導入することで、経費削減ができたり、IPフォンとPCを連動することで業務効率をアップできたりしますので、ぜひ面倒がらずに検討してみてください。ではIPフォンはどのように導入すればいいのでしょうか。IPフォンはネットワーク電話になるので、ブロードバンド回線が必要です。また、一口にIPフォンと言っても、一つのネットワーク回線に統合して使うのか、電話とデータ回線を別の回線にするのかなど、いろいろなネットワークの組み方があります。それぞれメリットがありますので、そのあたりはIPフォンを取り扱っている販売店に聞くのが一番早いです。販売店に問い合わせると、どのようなIPフォンをどのように利用したいか、どんなメリットがあるのか、いろいろとヒアリングや説明を行ってくれます。その後、販売店担当もしくはメーカー担当が下見に来て、既存のネットワークの環境を調べ、見積もりや導入スケジュールが提出されます。できれば、販売店を一社だけに絞らず、複数の販売店から見積もりや説明を受けてください。販売店によって提案してくる内容や価格が異なるので、その中で一番いいと思うものを選ぶことをおすすめします。ぜひ、IPフォンを通信費削減、業務効率化に役立ててください。