3Dプリンターを取り入れれば作業が効率よく進む

複合機を借りる

コピー機

初期費用を抑えられる

企業がコピー機を導入するときには、購入するかリースするか選ぶことになりますが、リースには多くのメリットがあるため人気になっています。企業が複数のコピー機を購入するには多額の初期投資が必要になり、経済的な負担が大きくなります。リースを利用することで少ない初期費用でコピー機を導入できるため、企業の経営を圧迫する事がありません。会社がコピー機を導入すると設備が固定資産になるため、固定資産税や減価償却費が必要になり、企業の財政管理が大変になります。リースを利用すればコピー機を導入しても、固定資産税や減価償却費は全て業者が負担してくれるため、企業の財政管理が複雑になりません。コピー機は高価な設備なので企業が購入したときには保険に入ることが多いですが、保険に入ると設備の確認のために、年に一回の棚卸し作業が必要になります。棚卸し作業は仕事を中断して行う必要がありますし、時間がかかるため企業にとってはマイナスになります。コピー機をリースすることで、保険に入る必要がなくなるため、棚卸し作業も必要なくなり管理が楽になります。コピー機を購入すると法律で決められた年数に達するまで、固定資産税を支払う義務が発生します。リースは固定資産税を支払う年数を気にする必要がなく、リースを契約した年数だけ考えれば済みます。またコピー機は古くなると使い勝手が悪くなりますが、リースを利用すれば古くなったら最新の設備に入れ替える事ができます。