3Dプリンターを取り入れれば作業が効率よく進む

コピー機

複合機を借りる

コピー機を導入するときはリースすることで購入した場合よりも、少ない初期費用で収まるため経済的です。購入すると固定資産税や減価償却費が発生しますが、リースを利用すれば業者が負担してくれるため、管理が複雑になりません。

製造業では大注目です

3Dプロッタ

必要不可欠となります

3Dプリンターが汎用されずいぶん経ちますが、企業で取り入れる会社も増えています。特に製造業での3Dプリンターの活躍は一部分に限らず、多様な使い方ができるため必要不可欠な存在となっています。図面から試作品を作成する際、今までは試作品の制作にマンパワーがとられているか、外注に出すコストがかかっていました。3Dプリンターがあれば、図面から機械任せで試作品を作ることができます。これは非常に便利で企画から製品化までのスピードを大いに短縮することができます。製造業で長くご経験があれば容易に想像できるかと思いますが、企画から実際の製品にするまでが時間がかかります。ゼロから製品を開発し制作する場合でも3Dプリンターは力を貸してくれますが、最近では全くのゼロから制作するというよりも、既存の製品に変更を加えて新作を発表する傾向にあります。ですから、すでにあるモノに対して変更が生じるパーツのみを3Dプリンターで製作して、既存パーツを組み合わせながら試作品とすることも可能です。そのため、コストの削減に3Dプリンターはとても役に立ちます。初期投資は少しかかりますが、長期的なビジョンでビジネスを見た場合に人員や外注費のコストを削減でき、製品化までにかかる時間を短縮できることは購入資金をはるかに上回る利点が得られるといえます。様々な機種が各メーカーから発表されていますので、自社の利用環境を検討したうえで最適なマシンを選択しコストの削減を図ります。

ウーマン

通信費削減のすすめ

IPフォンは通信費削減や、業務効率化に役立ちます。IPフォンを取り扱っている販売店に問い合わせると、ヒアリングを行い、下見に来て既存のネットワーク環境を調べ、見積もりがもらえます。複数の販売店から見積もりを取り、価格や提案内容を見てから検討することをおすすめします。

インク

優秀な消耗品

コニカミノルタが新たに開発したトナーは粒子の質が良いので、写真やイラストの再現率が高いです。また二酸化炭素の排出を抑えているので、エコの観点からも評価されています。職場で導入することで業務効率を上げられるでしょう。